助産婦石村の出産アルバム

2017年6月 8日 木曜日

Sちゃんと三幸苑

3月に生まれたSちゃんが遊びに来てくれました。

最初は中々体重が増えず悩んでいたのですが、おっぱいも一杯出るようになり、

体重も順調に増えるようになりました。

おばあちゃんの自家栽培の野菜料理のお陰だと思います。

目が合うとにこっと笑って答えてくれました。

 

Sちゃんのおばあちゃんのご家族は門前仲町駅近くの牡丹町で中華料理店を開いているのですが、

今度日テレニュースのエブリで特集されるそうです。

中華料理屋なのにとても美味しいお寿司もやっている評判のお店です。

お伺いさせて頂きましたがとても美味しく、おすすめですよ。

 

三幸苑 東京都江東区牡丹3丁目7−6



pic20170608160353_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 助産婦石村 | 記事URL

2017年4月26日 水曜日

ひたち海浜公園

有名なネモフィラの花畑を見るために国営ひたち海浜公園に行ってきました。

丁度見ごろで、丘一面に広がる綺麗な景色を見ることが出来ました。

海辺なので風が強いのですが、吹くたび花がそよいでまるで海のようです。

他にも水仙やチューリップ等が満開で、植物が好きな人にはたまらない場所ですね。

丘は秋にはコキアとコスモスの丘になるそうなので、また秋にも行きたいです。



pic20170426153948_0.JPG

pic20170426153948_1.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 助産婦石村 | 記事URL

2017年4月18日 火曜日

ミュシャ展

先日、国立新美術館で開催中のミュシャ展に行ってきました。

劇などのリトグラフが有名ですが、今回はスラブ叙事詩というスラブ民族の歴史を巡る20点の油彩が目玉です。

平日だったのですが沢山の人でした。

 

スラブ叙事詩は想像していたよりずっと大きく圧巻です。

後で調べてみた所、縦6メートル、横8メートルもあるらしく、日本に持ってくるのも大変だっただろうなと感心しました。

描いたミュシャも大変だったでしょうね。16年かかったそうです。

自分達の歴史を描きたいというミュシャの強い意思を感じるような絵でした。

数枚が撮影可能だったのですが、その中の一枚の中にいたこの女の子はミュシャの娘さんがモデルのようです。

同時に草間彌生展もやっていたので美術館内の木もポップにおしゃれしていました。

 

 

 



pic20170418115444_0.JPG

pic20170418115444_1.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 助産婦石村 | 記事URL

2017年4月 7日 金曜日

江戸川区Oさんの一カ月健診

江戸川区のOさんの一カ月健診となのはちゃんの一カ月健診に行って参りました!

お産の時と同じように、お兄ちゃんお姉ちゃん達が甲斐甲斐しくなのはちゃんのお世話をしてくれました。

お産の日は学校から慌ただしく帰ってきて、お母さんの腰を摩ってくれたり、汗を拭いたり、水分補給を促してくれたり大活躍してくれました。

今回は張り切って私にコーヒー豆を挽き、お湯を沸かして美味しいコーヒーをご馳走してくれました。

飛び切り美味しかったです。

ご馳走様でした。



pic20170407100709_0.JPG
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 助産婦石村 | 記事URL

2017年2月20日 月曜日

江東区Tさんの出産体験談

〜自宅出産とオンサ〜
 

3人目の子どもにして初めての自宅出産、そしてオンサを使いましたが、とても素敵な体験となりました。
私が使ったオンサは、その周波数で心や身体の調整をする事が出来ます。オンサを教えてくださった方から「出産時にオンサを取り入れて、スムーズな出産にしてみてください!」と言われていたので、いよいよ陣痛が始まった時から、2本のオンサを互いに打ち付けて鳴らしていました。普段オンサを使う時は、その音で心が落ち着くのですが、不思議な事に陣痛の時はオンサを手に持つだけで、痛みも和らぎ、心も落ち着けました。それは過去2回経験した出産直前とは明らかに違い、陣痛の波が来ても気持ちは落ち着いていて、どこか意識がしっかりとしている自分がいました。

いよいよ陣痛が強くなり、オンサも持っていられなくなると、代わりにアシスタントさんに鳴らして頂きました。その際アシスタントさんが「オンサが震えていて、熱く感じる。」とおっしゃっていましたが、きっと場に共鳴していたのだと思います。
その後破水し、お布団に横たわりましたが、アシスタントさんがオンサを近くで鳴らしてくださいました。陣痛に呼吸を合わせるのがやっとの私にとって、その音はほとんど届かない状況でしたが、後から夫に聞いたところ、周りにいた石村さん、アシスタントさん、夫は、誕生の瞬間を迎えるまでの間、その音で一体となって冷静に状況に対応していたように感じ、さらにその場にいた3歳の息子までもが落ち着いているように見えたそうです。
自宅出産を決めてから、おそらく常にどこかに不安があった夫にとって、その音はとても有り難く、そして心強かったと思います。石村さん、アシスタントさんもオンサの音で何かを感じてくださっていたら嬉しい限りです。そしてオンサを意識した訳ではありませんが、産まれて来た息子の名前はおと(生翔)になり、不思議な繋がりを感じています。


産後の生活においても自宅出産は大変良かったです。慣れたお布団に横たわり、食べ慣れたものを口にし、赤ちゃんとゆったり過ごせるなど、すごくリラックスして過ごせました。そのためか、産後の回復も病院での出産よりずっと順調でした。産後もオンサのお世話になりましたが、出産時のオンサは予想以上に素晴らしかったです。その場にいた皆が一体となり、赤ちゃんを迎えられた事は最高の体験になりました。

ご案内の許可を頂きましたので、ご興味がある方はこちらを検索なさってみてください。



オンサなど
http://ameblo.jp/mindupdate/theme-10101269069.html


協会HP(facebook)
https://www.facebook.com/国際ブレインアップデート協会-594351543977783/?pnref=lhc



pic20170220153910_0.jpg
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 助産婦石村 | 記事URL

03-5690-8979
アクセス



● 住所
〒135-0016 東京都江東区東陽3-21-11-101

地下鉄 東西線「木場駅」2番出口 徒歩5分
地下鉄 東西線「東陽町駅」2番出口 徒歩5分
都営バス 東陽3丁目バス停前すぐ

● TEL
03-5690-8979

詳しくはこちら